ようやく地上に出てきた君たち
明るい未来はあるのか

DSC_9638

はたまた絶望か

DSC_9635

現実を諦めることなく
自分たちの手で切り開いてくしかない

DSC_9633

出会いを大切に
暑い夏を切り撮っていこう

 

 

ランキングに参加しています。ポチ応援嬉しいです!
 

f:id:hibi-mae:20170112125255j:plain

 

 

時々きれいに撮れている写真をあえて荒らす傾向にある。

理由としては先日(2日前)も何となく書いたけど綺麗(解像感)=良い写真とは思わず、もっというと昔の写真に対する良さを感じたりしてるから。

 

ではなぜPENTAX K1という現時点最新のフルサイズ機を使ってるのかって話になるけど、当然鮮明な写真や古めかしい写真のどちらにも良さがあり、どちらも正解だと思うので。

仕上げ方は被写体に対しての最終的なイメージの落とし所に合わせたらいいんだと思うし、それだったら幅があったほうが絶対いい。

 

そして分かりきってることだけどデジタルって便利だなって思う。

撮って確認できるっていうのはもちろんだけど、RAWで撮っておけば後から現像できるし、自分のようにスナップが主な場合、確認ができて失敗が少ないという事よりも、むしろ後から現像することによって、撮影までの設定時間がクイックになる事の恩恵の方がデカイ。撮影前にこの場合のイメージはこうだって、その都度設定を色々変えるのは煩わしいし、全て同じ仕上がりイメージで写真撮ってないし。

 

 

f:id:hibi-mae:20170112124224j:plain

こちらがあえて荒らした写真。こういうのが結構好きだっていう話。

 

今でこそデジカメ故にデジタルで、PCや下手したらカメラの中だけで完結しちゃう人って多いと思うけど、フィルムの時代、ポジならまだしもネガだけ持って満足しちゃう人はそんなにいなかったと思う。という事は最終的なアウトプット先は紙焼きだったわけで、俗に言うフィルムっぽさみたいなのも、そういうものに落とし込まれる。

 

そしてそれがコート紙なのかマット紙なのか、もしかしたらあえての古紙なのかもしれないし、更に言うと保管状況だったりとその先それぞれで最終的な表情が変わる。

 

現像の話に戻すとその空気感こそが最も大切にしたい部分で、こういった現像はフィルムっぽさだけでイメージしている訳ではなく、荒さもまた質感として捉えてたりする。

 

この現像という工程に対して時々、私は撮って出しのノートリミングです。みたいな事をドヤ顔でいう人が居たりするけど、そんな話は実際どうでもいいと思う。

撮影後の色味調整ってのは別にデジタルに始まった話じゃなくて、フィルム撮影したものをラボ屋にお願いする時だって色味の相談は普通だし、仕上がりに対する追い込みも当然やってて、なんならアナログなだけでレンズ側にフィルターつけたり、仕上がりをイメージしてフィルムを選んだりと工夫されている。

 

理由があって、撮って出しにこだわっているのならそれは全然いいと思うけど、かといって誇る事でもなければ自慢する事でもない。大事なのはその最終形を自分が撮ったものとして責任が持てるかどうかにつきると思う。

 

 そういう理由から全てのデジタル写真はRAWで撮るようにしている。

どんなゴミみたいな写真でもね。

 

ちなみにRAWで撮る人は当たり前に知っていることだけど、本来JPEGなりTIFFなりで撮った写真は、撮影時の設定でカメラ内で同時に現像されるんだけど、RAWで撮ったものはその設定が生きてるのは露出とホワイトバランスくらい。

カメラのプレビューではその設定が残っているけどパソコンに取り入れた瞬間それらがクリアされる。要するにモノクロで撮ろうとパソコンに入れた瞬間カラーに戻る。モノクロにするというカメラ内での現像だから。

なのでカメラで見てる彩度もコントラストも全てニュートラルになるので、とても緩く締まりのない写真がパソコンに入る。

 

f:id:hibi-mae:20170113163950j:plain

その状態がこの写真。

 

まぁ、見ようによってはそれでもいいかなって写真も撮れるし、結局は被写体と構図が大半のウエイトを締めているのは間違いなく、現像処理ばかりに頼るというのは違うんだけど、RAWで撮るとなると現像は必須かなと思う。

 

 そしてRAWだとその写真に対し、再度向き合う時間が多少なりと増えるので、その最中色々なことに気付かされたり、誰に見せることもなく飽きてしまったりする。そんな時間を重ね、更にあとから見てそれでも飽きていない写真、それこそが自分の中での良い写真の基準であったりするんだけど、そういう写真はごく僅かだ。

 

 

きっとこれからも。。。

100円ショップでゲットしたピンクのサンダル☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
ベランダで使うサンダル〜♪───O(≧∇≦)O────♪

f:id:pinkstrawberryflavor:20160503234351j:image

リス君、造花をつけてリメイク☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

リス君:「いけない!もうちょっとでナッツもボンド付けするとこだった!。。。あれ..羽ばたく音が。。。」

f:id:pinkstrawberryflavor:20160503234357j:image

リス君:「危なかった〜!!小動物って大変なの!!」

f:id:pinkstrawberryflavor:20160503234405j:image

1日1ポチしていただけるととっても嬉しいです♪

↓ ↓ ↓


人形・ぬいぐるみランキングへ

ブログランキングの一度したポチ、一週間後にはなくなっちゃうんです。。。

いつもポチ!ありがとうございます♪

ちょっとダークなネコちゃんラインスタンプ販売中♪

f:id:pinkstrawberryflavor:20150626231246j:image

もしっ!気に入っていただけましたら♪是非!使ってください(≧∇≦)
「ダークなピンクにゃん」
かわいさを最大限に利用するダークなねこちゃんスタンプ。おしゃれとお菓子とねずみのぬいぐるみが大好きな猫ちゃんで、りすのようなモフモフしっぽがトレードマーク。
ストアURL↓
http://line.me/S/sticker/1093762

今日アップする写真はBマンションでも特に印象的だと思ったもの。

 

本当はいいと思った写真は1点でアップしたいんだけど、それだといつまでも終わらないっていうのが悩みどころ。

 

複数アップするとどうしても埋もれてしまう気がしてね。

 

 

f:id:hibi-mae:20170316193540j:plain

こちらコンクリートと有刺鉄線。鉄線の先には何があるかというと、超えると下に落下する。それは危険だということで痛々しい鉄線で防ぐという配慮。夜に近づくとどちらにしても怪我をしそうだ。

写真も個人的に気に入ってるんだけど、ここにアップした途端、ぼやけたせいか鉄線の荒々しさが薄れてしまった。

 

 

f:id:hibi-mae:20170317115040j:plain

吊り下げられる余った鉄線。いくら余ったからといって宙ぶらりんなのかどうかと思う。奥の青との対比が好き。

 

 

f:id:hibi-mae:20170317115103j:plain

椅子。誰が移動させてるのか分からないけど、アムロさんが訪れた時とは配置が違うように思う。シンメトリーに配置された椅子に打ちっぱなしで無機質な静けさ。ここは落書きもなく、まるでどこかの美術館のようだった。

 

 

f:id:hibi-mae:20170317115121j:plain

外から差し込む光とのコントラストが、アート性を増幅させる。

 

 

f:id:hibi-mae:20170317115515j:plain

マンション屋上。個人的にこの場所、凄く好きだった。

街が見渡せる抜け感と、むき出しの鉄線、落下したら無事ではすまないだろうという危機感がなんとも。

 

 

f:id:hibi-mae:20170317120722j:plain

外から見た時、マリオに出てくる城の形と一緒だなと思った。

各場所から落下すると、この伸びた鉄線に串刺しになるかと思うとゾッとする。

 

 

f:id:hibi-mae:20170317115455j:plain

屋上からみた、隣の倉庫。

やっぱり絵になる倉庫だ。

 

 

そこそこに満喫し次は鹿島海軍航空隊跡地へ。

なんか日付ズレてる?

コミックス版、いいことはいいんですがなんか色々気になる点が

日付ミス?

最初の三葉への入れ替わりが9/2になっている。
また、瀧への入れ替わりが9/5になっている。
映画版と若干の日付のズレが生じている?(ミスかも)

こっちはただただ勘違いでした

P127にある9/2、9/5の日記がおかしい
9/2は入れ替わってはいるものの2人ともほぼ記憶が無く瀧も日記を気にする様子は無かったし、9/5に日記が2つ存在することになってしまう(本来、9/5は「奥寺センパイと♡」のはず)

細かい所

瀧の書いた三葉プロフィールが横書きになってる
三葉の禁止事項がノートに書いてある
体操服を着替える場所がAnotherと違う(Another:社会科準備室 コミックス:男子トイレ)
そもそも、三葉の日記がスマホじゃない
瀧の父と触れ合うシーンが多い
テッシーが「週末は現場手伝え~」の後に壁殴ってケガしてる
つまようじ問題は反論する(小説版はしないけど、映画版ではする)

良くも悪くも普通

細かい所が違ったりいろいろあるけど結局は映画版を素直になぞってるだけっぽい
まあ関連書籍の中では何故か一番安いので絵付きで映画振り返りたかったらいいんじゃないでしょうか
ただ、資料目的で読んで細かい所を鵜呑みにするのは注意(とくに日付。ズレてる日と正確な日が混ざってる)
絵がなんか違うのもアレですが

君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)

君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)

  • 作者: 琴音らんまる,新海誠
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2016/08/23
  • メディア: コミック
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
小説 君の名は。 (角川文庫)

小説 君の名は。 (角川文庫)

  • 作者: 新海誠
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2016/06/18
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログ (9件) を見る

こんにちは!

 

ひつじ。です。

 

モバイルバッテリーって要領が大きいのとか、薄くて軽いのとかたくさん出てるんですけど、意外とないのが、

 

電池残量を%表示で確認できるモバイルバッテリー。

 

ほとんどのモバイルバッテリーの電池残量は小さなランプが3つ、ないしは5つついていて、残量に応じて光るというもの。

 

まだ2つランプ光ってるから充電しなくてもいいやって思ってると意外とすぐになくなっちゃたり…。

 

そんな悩みを解決するモバイルバッテリーを見つけましたので、今日はそちらのご紹介。

 

もっと詳細に!電池残量を「%表示」してくれるモバイルバッテリーです

f:id:kotobalover:20170704210751j:plain

こんな風に正面に小さいなディスプレイがついており、残量が%で表示されるようになっています。

 

電池容量も10,000mAhとたっぷりなので、iPhone7であれば約5回、iPhone7Plusであれば約3.5回、ギャラクシーs8であれば、3回充電可能です。

 

同時充電可能な充電ポートが2つ

 

f:id:kotobalover:20170704211855j:plain

 こんな風に充電ポートが2つ付いています。

 

そして嬉しいのは、この2つのポートを使って2台同時に充電できること。

f:id:kotobalover:20170704212100j:plain

 

右側ポートは出力「5.0v 1.0A」となっており通常の充電スピード、そして左側ポートは「5.0v 2.1A」となっており、急速充電に対応しています。

 

iPadなんかの大容量バッテリーだと通常の充電スピードでは満充電まで果てしなく時間を要するので、iPadユーザーにとっても嬉しい機能だと思います。

 

もちろんLEDランプも

f:id:kotobalover:20170704212644j:plain

もちろんLED機能の付属しています。

 

サイドにある充電開始ボタンを「カチッカチッ」と2回押してやれば、暗い場所でもすぐに灯を手にいれることができ、災害時でも安心です。

 

1.6cmの薄いデザイン

厚みは1.6cmしかなく、非常に薄いのでカバンに入れていても邪魔にならないです。

またスマホとモバイルバッテリーを重ねて持ち、充電しながらでも使用することもできます。

 

259gという、北海道産いくら1パックに等しい軽さ

重量もわずか259gしかなく、北海道産いくらとほぼ同等の軽さです。

f:id:kotobalover:20170704213316j:plain

【楽天市場】【2個で送料無料】北海道産 いくら醤油漬け250g/イクラ/鮭/魚卵/手巻き寿司 ネタ セット/いくら丼/海鮮丼/rdc/がってん/同梱:カニとマグロの『がってん寿司』

 

いくらが何粒も入っているにも関わらず、その重量とほぼ同等の重さのモバイルバッテリー。ポケットに入れながら充電しても重さによるストレスを感じることはないと思います。

 

まとめ 

 電池残量を「%表示」できるモバイルバッテリーって意外と少ないんですよね。今回ご紹介したhono.のモバイルバッテリーなら残量をしっかり%表示で確認できる上、通常充電と急速充電の2つポートを併せ持ち、同時充電も可能な高性能。

 

いくら買うならモバイルバッテリーを。

 

ひつじ。

夏休み、新聞の投書欄で部活動がにぎわっていた。
「部活で青春するぞ~」というものではなく、
「部活を頑張りたい」という現役の先生と
「そろそろ部活を考える時期だ」という退職した先生と。
投書に反応しての投書というのはよくあるのだけれど
「僕は部活で青春してます!」という生徒からでも
「部活はほどほどで勉強に力を入れたくても
強制参加の部活が大変だ」という生徒の投書もなく、
大人だけで議論される部活なのか…と思ってしまった。

夏休み中には何度も”先生たちの残業時間”という記事も読んだ。
確かに、こどもたちの小学校の先生から
20時や21時に学校から電話をもらったことがある。
もちろん、そんな時間なので、
「鉄棒で頭から落ちて救急車で運ばれました!!」のようなことは
一度もなく、
…それって、こんな夜に電話すること???と
疑問に思うようなことがほとんどだったりする。
授業中の怪我の詳細について、といった電話は18時くらいまでには
かかってくることが多い。

緊急性の高いことから電話していっていたら、
どうでもいい電話は後回し…となったのかもしれないけれど、
その電話はいらなかった、という電話ばかり私は夜に受け取る。
付箋に書いて連絡帳にペタって貼るだけで終わる内容では?と思うことも
学校から電話をいただく。
ほかのママさんから「21時にうちの子がほかのこを怪我させたっていう
電話を学校から受け取ったんだけれど、21時で何が出来る?
もうなにもかも明日になるじゃん!」と聞いたこともあるので
先生の優先度もよくわからない。
いや、もしかしたら、その怪我よりもっとすごいことがあって
先生の電話も遅くなったのかもしれないけれど…。
先生たちの仕事は児童や生徒のことだけではなく、
校務なども増えてきて…と現役小学校教諭も言っていた。
彼女も帰りは毎日22時過ぎ。

「僕は17時には帰ります!」と宣言していた先生も何人かいた。
「こどもの保育園のお迎えに遅れたら延長保育料金なんです!」と
保護者の前で参観日に言っていた。
春にその宣言を聞いたときは、
「僕は合理的に物事を進め、無駄を省き、業務時間内で頑張ります!」
というように私は受け止め、
段取りよく仕事を終わらせるということなのかと思ったら
ただ仕事を放って、とりあえず帰る、という結果に終わった。

もしかしたら、その先生が業務時間内にほどほどに仕事を終わらせ、
教員といえども残業しない雰囲気を作り出すのかしら?と期待したので
とても残念な気持ちになった。
更に残念なことは、早く仕事を終わらせて帰る先生というのは、
アノ先生みたいに適当なことばかりする、という印象をきっちり保護者に
植えつけてしまったことだ。

先生たちがする仕事と先生たちでなくてもよい仕事をもっと分けて考えれば
先生たちの仕事量も減るのに、と図書ボランティアを半年して思った。
「蔵書整理や新しい本の登録も先生がやらなければならないので」と
図書担当の先生に断られ、70冊近い新しい本が貸し出しできないままだった。
「読みたい本があそこにある」と
何度もバーコードがついてないため貸し出しできない新しい本について児童に言われ、
どうしたらいいと思う?と現役小学校教諭ママに聞いた。
「学校のPCはLANでつながっていることが多いから、
学校のパソコンに触って欲しくないんじゃない?」ということだったので、
登録だけ先生で図書ボランティアはパソコンにはノータッチ、
ビニール付け、判子、分類はすべて図書ボランティアで
やるのはどうでしょう?と図書担当の先生に提案し、6人で作業し1日で終わった。
半年以上放置していた作業は実質、半日で終わる量だった。
これがすべてではないとは思うけれど、学校は閉鎖的で、とかく外部からの
協力者を入れようとしない。
その結果が仕事量を膨大にして自分たちの首を絞めている気がしてならない。
もっと”先生がやらなければいけない仕事”と
急がない仕事、誰がやってもあまり影響しない仕事を分けて
PTAやほかのボランティアに回せばもっと本当の業務に集中できる気がする。

 

カーテンを洗おうの後編です。

別に前の記事は前編のつもりで、書いたわけではないのですが……。

カーテンを洗ってみた感想でもと思って、後編を書くに至りました。



【気付いたこと】


①意外とカーテンってすぐ乾く

カーテンって結構生地厚いじゃないですか。だから、早起きしたときじゃないと夜までに乾かない…と思って、先延ばし先延ばしにしていたにも関わらず、結構すぐ乾きました( ̄▽ ̄)
もっと定期的に洗おう!!!


②意外と大概のシミは落ちる

乾いたカーテンを再び設置したら、あらびっくり。とーってもキレイ!
これは取れないのでは…と思っていたシミ?のようなものも、キレイに落ちていました。
もっと定期的に洗おう!!!!!



【結論】

カーテンを定期的に洗うようにします。

まるっと過去になってから知ることができてよかった。
http://p.tl/Xvu_