エレアコなんかでよく見る「カッタウェイ」モデル。
言うまでもなくハイポジションを弾きやすくするために
ボディが一部カットされたギター。

弾き語り中心の僕の場合、ハイポジションと言えば
ちょいとハーモニクスを利用するぐらいで
用途的にはいらないことになります。

まぁボディがカットされている分、音の鳴りが...
って思うところがあるんですが、これは人によって

・影響がほとんどない
・影響はやはりある

という意見に分かれるところ。

小さくなる分すこしは鳴らないだろうって思いながらも、
実際に「カッタウェイ」モデルを弾いたり聞いたりして思った事はなし。

どちらかといえば、エレアコの場合でハウリング防止のために
生音を鳴らなくしている方の影響が甚大でしょう。

僕の結論を言えば、見栄えがストライクならOK。
その見栄えですが、「カッタウェイ」と一言でいっても
どのようにカットされるか、鋭くカットされるか
まるくカットされるかで雰囲気が変わるもの。

このボディシェイプはいかなるものに対しても
好みは人それぞれ。

僕はなぜかちょっと変わったのが好きで
この↓↓↓「なで肩」ようなカットがお好みのようです。

K.Yairi Grace-2010 [ヤイリギター創業75周年記念限定モデル] 【今なら皮製ストラップ・ピック・爪磨きプレゼント】

K.Yairi Grace-2010 [ヤイリギター創業75周年記念限定モデル] 【今なら皮製ストラップ・ピック・爪磨きプレゼント】
価格:223,125円(税込、送料別)



にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村