例年、弥生賞といえばメンバーがそろうんですが・・・

2勝馬、重賞未経験のダイワギャグニーが2番人気に推される、という低レベルだった2017年の弥生賞。

このメンバーであんな後ろから競馬しているようでは、申し訳ないが本番はいらないでしょうなカデナ。

 

本賞金が足りている馬が弥生賞、スプリングSを使うのは試走のほかに、試したい内容を消化するのが目的。

不器用だからしょうがないのか、福永だからしょうがないのか。

答えは4月の本番で出ます。

www.youtube.com