【スコア】
ロシア 0−1 ポルトガル
 
【得点者】
0−1 8分 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)

https://www.fifa.com/confederationscup/matches/round=274633/match=300334877/index.html

FIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017のグループA第2節が21日に行われ、ロシア代表とポルトガル代表が対戦した。

 ニュージーランドとの開幕戦に2−0で勝利し、白星スタートを切った開催国のロシア。対する欧州王者のポルトガルは、メキシコとの初戦を2−2で終え、昨年のユーロ2016と同様にドロー発進となった。

 試合は開始8分に動いた。ポルトガルは左サイドのラファエル・ゲレイロがクロスを送ると、ファーに走り込んだクリスティアーノ・ロナウドが頭で合わせてゴールネットを揺らした。

 幸先よく先制したポルトガルは26分、C・ロナウドが自ら獲得したFKで直接狙うが、代表100試合目のGKイゴール・アキンフェエフにセーブされる。一方のロシアは41分、右サイドからのクロスをニアのフョードル・スモロフが左足で合わせたが、シュートは枠の右に外れた。

 1点リードで折り返したポルトガルは後半に入って50分、右サイドからベルナルド・シルヴァがクロスを送ると、中央のアンドレ・シルヴァがヘディングシュートを放つが、GKアキンフェエフに左手1本でセーブされる。58分には、セドリックがエリア手前右から無回転のミドルシュートを放つが、これもGKアキンフェエフに阻まれた。

 さらに、C・ロナウドが63分にエリア内右のアンドレ・ゴメスからのクロスをヘディングシュート。65分にも、B・シルヴァの折り返しから、エリア手前で右足ダイレクトシュートを放つが、いずれも枠を大きく外した。ポルトガルは直後に、負傷したゲレイロがプレー続行不可能で、代わりにエリゼウを投入した。

 ポルトガルは追加点こそなかったが、ロシアの終盤の猛攻をシャットアウトし、このまま1−0で勝利。今大会初白星で勝ち点を「4」に伸ばし、グループA暫定首位に立った。

 グループA最終節は24日に行われ、ロシアはメキシコと、ポルトガルはニュージーランドと対戦する。

サッカーキング 6/22(木) 1:53配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00603263-soccerk-socc

つづく

コメント一覧
【スコア】
メキシコ 2−1 ニュージーランド
 
【得点者】
0−1 42分 クリス・ウッド(ニュージーランド)
1−1 54分 ラウール・ヒメネス(メキシコ)
2−1 72分 オリベ・ペラルタ(メキシコ)

https://www.fifa.com/confederationscup/matches/round=274633/match=300334876/index.html


FIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017のグループA第2節が21日に行われ、メキシコ代表とニュージーランド代表が対戦した。

 メキシコはポルトガルとの初戦で劇的ドローに持ち込み勝ち点1を獲得。一方のニュージーランドは開催国ロシアとの開幕戦で破れ黒星スタートとなった。両チームともグループ突破に向けて今大会初白星を収めたいところ。

 試合の立ち上がりはメキシコのペースだったが、ミスが目立ち、徐々にニュージーランドが攻勢に出る。27分、クリス・ウッドが右サイドからのパスを受けると、マークについていたDFカルロス・サルセドは負傷で倒れ込んでいたため、フリーでペナルティエリア手前中央から右足シュート。しかし、これはGKアルフレド・タラベラの好セーブに阻まれた。

 なお、サルセドはプレー続行不可能となり、左腕を固定されたまま担架で運び出された。メキシコは33分、代わりにエクトル・モレノを投入した。

 均衡が破れたのは42分。ニュージーランドは、エリア手前中央のクレイトン・ルイスが相手のクリアボールに反応し、ワンタッチでエリア内へスルーパス。抜け出したウッドがフリーで右足を振り抜き、先制のゴールネットを揺らした。

 1点ビハインドで折り返したメキシコは後半の立ち上がりから猛攻を仕掛ける。すると54分、ハビエル・アキーノが左サイドを突破し、中央に切り込んで横パス。マルコ・ファビアンを経て、エリア内右でパスを受けたラウール・ヒメネスが反転から右足を振り抜き、シュートをゴール左上隅に突き刺した。

 これで勢いづいたメキシコは72分、逆転に成功する。左サイドのアキーノがドリブルでエリア内に切り込み、深い位置からマイナスの折り返し。ニアに飛び込んだオリベ・ペラルタが左足で合わせてゴール左隅に決めた。

 追い付きたいニュージーランドは85分、エリア内左でパスを受けたライアン・トーマスが右足を振り抜くと、強烈なシュートはゴール右上隅を捉えるが、クロスバー直撃で得点には繋がらなかった。終了間際には両チームの小競り合いが発生。ファールのシーンがビデオ判定の対象となり、ドス・サントスにイエローカードが提示された。

 試合はこのままタイムアップ。メキシコが2−1で逆転勝利を収め、グループA首位に浮上した。北中米カリブ海王者を追い込んだニュージーランドだが、2連敗となり、グループステージ敗退が決まった。

 グループA最終節は24日に行われ、メキシコとロシアと、ニュージーランドはポルトガルと対戦する。

サッカーキング
https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20170622/603264.html?cx_top=topix

【グループリーグ順位表】
※各組上位2チームが準決勝進出
[グループA]
1.ポルトガル(4)+1
2.メキシコ(4)+1
3.ロシア(3)+1
4.ニュージーランド(0)-3

http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?216000-216000-fl

https://www.fifa.com/confederationscup/groups/index.html
ポルトガルは相変わらずしょっぱいな
メキシコは後から処分ありそう
訂正


【グループリーグ順位表】
※各組上位2チームが準決勝進出

[グループA]
1.メキシコ(4)+1
2.ポルトガル(4)+1
3.ロシア(3)+1
4.ニュージーランド(0)-3
VARプロトコル
・ビデオ・テクノロジーを判定に用いることはゴール(それに至るファールやオフサイド・ケースを含む)、PK、直接レッドカード、選手誤認の『試合を変える』4つのケースでの確認にのみ許される。

・主審はVARsがいるかどうかに関わらず、常に判定を行わなければいけない。判定を行わずにVARに状況を確認することは認められない。
但しイエローカードかレッドカードかどちらの処罰か、または誰に処罰を与えるべきかが明確で無いレア・ケースにおいて、主審はVARと相談することができる。

多分下のルール適用なんだろうけど、見た感じ主審は普通にそのままFKで再開しようとしてたのでいろいろ怪しい。
ロシアはGKの名前しか知らんしウズベキスタンのメンバーって言われたら信じちゃいそう
メキシコNZ戦の主審が無能過ぎて笑った
>>3
あれはNZのタックル行った奴が一番悪い
ジャップは?
この大会あまりにも空気すぎないか?
欧州ELよりも価値ないだろこの大会明らかに