今日も晩ご飯のときの一コマです。

 

小学一年生の長女が、ずいぶん前に

お友達からお手紙をもらったのに、

まだお返事を書いていなかったことが判明。

 

パパ「なんでおてがみのおへんじをすぐにかかんかったの?」

長女「だって、じかんがなかったもん」

パパ「でも、テレビをみるじかんはあったやろ。

   ごはんをたべたあとだってかけるよね」

長女「うん…」

パパ「もらったおてがみにおへんじをかかないと、

   あいてのひとはさびしいとおもうよ」

  「もしおへんじがこなかったら、そのおともだちは

   つぎおてがみをかこうとはおもえないんじゃないかな」

長女「そうだね…」

パパ「だから、おてがみをもらったらなるべくはやく

   おへんじをかこう」

長女「うん」

パパ「こういうのって、おとなのせかいでもおなじなんだよ。

   パパもおなじようなしっぱいをいっぱいしたから」

 

娘に諭しながら、自分自身がこれまで

お手紙のお返事をきちんと書けていただろうかと

頭のなかで自問自答していました。

 

育児は育自。

パパも日々学ばされることばかりです。

 

家の中は仕事のヒントが

あちこち転がっていますよ!

f:id:work-shift:20151107232925j:plain